女性ホルモンを増やす方法で健康を取り戻そう

婦人

健康維持に役立てたい成分

ごまは豊富な栄養素が含まれている食品ですが、サントリーのセサミンのサプリメントは、ごまの1パーセントしか含まれていない、希少性の高いセサミンが豊富に含まれているサプリメントです。体の血流を促進する働きがあります。

不足する栄養素を補給する

ミドリムシには多くの栄養素が含まれており、美容や健康に高い効果を発揮することがわかっています。そのため、サプリメントを選ぶ際にはどれだけの量のミドリムシが配合されているのかをきちんと調べておくことが大切です。

一日の摂取量に注意

レディ

食事とのバランス

45歳ごろから女性の体は徐々に閉経へと向かい始めるため、女性ホルモンの中でエストロゲンという物質の分泌量が減ってきます。女性ホルモンにはもう一つ、プロゲステロンというのがあり、両者が互いにバランスよく分泌されることにより、女性の体はホルモンバランスを保つことができています。そのエストロゲンが減少してしまうことによって起こるさまざまな不調が、更年期障害と呼ばれるもので、ほてりや発汗などが主な現象として知られています。この不調を緩和するには、エストロゲンを補充するのがいいということで、医療機関においてはホルモン充填療法といった女性ホルモンを増やす方法があります。医療機関に行くほどではないけれど、どうも体の調子がよくないから何か女性ホルモンを増やす方法を試したいというのであれば、エストロゲンに構造が似ている大豆イソフラボンの摂取がいいでしょう。大豆イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持っているということはよく知られており、サプリメントもたくさん作られています。かつて日本人の食卓には日常的に大豆製品が載っており、そのために更年期になっても女性は元気でいられるとされてきました。近年、更年期障害の不調を訴える女性が多くなったのは、大豆製品を食べる機会が減ったからともいわれています。意識して大豆製品を食べるようにし、大豆イソフラボンのサプリメントも取り入れるという女性ホルモンを増やす方法がいいでしょう。ただ、摂取しすぎによる副作用は気になるところですので、吸収のよいサプリメントの量を大豆食品を摂った量に合わせて減らすという調整の仕方が望ましいといえます。この女性ホルモンを増やす方法なら、すぐにでも取り掛かれます。

上手に活用する

枯草菌は納豆菌に良く似た菌の一つで、硬い殻に覆われているために胃酸によって解ける事が無く、腸まで届ける事が出来ます。食材からも摂取は出来ますが、活用する場合はサプリメントとして利用する方が良く、それによって便秘改善効果が期待出来るというメリットも有ります。